MoTeC M1と従来のECUの違い

M800をはじめとする従来のECU(他社製フルコンを含む)の場合、エンジンの各種センサーから拾ったデータをフィードバックして、補正をおこなっています。いわば「直前の情報を元に」して「次の設定の帳尻を合わせる」という制御です。

これに対し、M1系ECUは精密なベースプログラムで、まず「M1とエンジンを同調」させ、M1が自分の手足のようにエンジンを制御します。
例えば従来のECUが「歩くためには、まず右足を出して、次に左足を出す」という考え方をするのに対して、M1は「歩こう」と考えるだけで歩き出します。人間と同じで、歩く際に左右の足を交互に出すのは当たり前であり、ここには、「後追い制御」と「先読み制御」ほどの違いがあります。
具体的なセッティングで説明すると、M800ではインジェクターをどれくらい開くか調整するところで、M1は吸入空気量(充填効率)を数値化して入力します。つまり、これまでとは制御の考え方自体がまったく異なるのです。
この最強の制御を構築するにあたり、従来のセッティングとは違う「エンジンごと、車種ごとの詳細な初期設定」のパッケージ(プログラム)が不可欠ですが、MoTeCからは車種別のパッケージも発売されています。M1本体、専用パッケージ、M1チューンの組み合わせで、次世代のドライブフィールを体感してください。

MoTeC M1本体

MoTeC M1シリーズは、データロガー、電スロ、可変バルタイ、ラムダコントロールなどを標準で搭載する、MoTeC ECUの次世代モデルです。データロガー機能は従来モデルの数百倍となり、拡張次第では最大サンプリング速度1000Hz、最大2000チャンネルの同時ロギングを可能とします。
標準モデルは最大8気筒用と最大12気筒用です。この他に直噴用、ディーゼル用(開発中)をラインアップ。さらに、過酷なシチュエーションでの使用に対応するASコネクターモデルを御用意しております。

汎用M1パッケージ

MoTeC M1の制御に必須となる専用パッケージには、車種専用モデルだけではなく、汎用フルコンとして使用できる物があります。イメージ的には、従来のM800系ECUのように、さまざまな種類のエンジンに取り付けて制御可能なパッケージとお考えください。
スタンダードなフルコンパッケージのGPAをはじめ、レース用のGPR、パドルシフトコントロール用のGPR-Pを、それぞれポート噴射用と直噴モデル用に展開しています。

パドルシフト用のGPR-Pは、「市販2ペダルMT車用」ではなく、シーケンシャルミッションをパドル制御する、レース用となります。また、パドルスイッチ、ポンプ、アキュムレーター等をセットにした、パドルシフト用のハードウェア(画像参照)のセットも御用意可能です。詳細はお問い合わせください。

車種別M1パッケージ

車種別、エンジン別に特化させるための専用ソフトウェアです。現代の自動車は、複数のコンピューターが車内で相互通信しているため、純正ECUを外してフルコン制御しようとすると、すべてのECUからエラーが発生してしまいます。MoTeC M1は、このような車種別の情報をプログラミングした専用ソフトウェア「パッケージ」をインストールすることで、さまざまな車種に特化させることが可能です。既に発売されているR35GT-R用や86/BRZ用のパッケージでは、従来のセッティング機器とは比較にならないハイパフォーマンスを発揮し、ストリートからフルチューンのレース用まで、多くの御客様から御好評を頂いております。

M1チューン

MoTeC M1のセッティングに不可欠な、専用ソフトウェアです。利用可能なPCは、Windows XP(SP3)~10(無料ダウンロード)で、MAC OSは非対応です。
データロギングソフトi2に準ずる表示が可能となったことで、チャートレコーダーを利用したセッティングの自由度が増しました。

従来以上に知りたい情報を可視化できるため、より精密なチューニングができます。M1とPCの接続にはLANケーブルを使用し、大容量化したログデータも高速ダウンロード可能です。

M1ビルド

MoTeC M1+車種別パッケージは純正ECUとの完全置換を実現し、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すことが可能です。ただし残念なことに、対応車種は限られています。そこで、車種やエンジンに特化させた、専用パッケージを御自分でプログラミング、開発、販売するための専用ソフトも御用意しております。86/BRZのエンジンスワップ用パッケージなどは、このような需要から開発された物です。詳細はお問い合わせください。